学校案内100周年記念サイト

理事長よりご挨拶

 日頃より茨城高等学校並びに茨城中学校にご支援を賜りまして誠にありがとうございます。
 本校は、飯村丈三郎翁により、報恩感謝を建学の精神として昭和2年(1927年)に設立されました。現在は、男女共学の中高一貫教育を基本として、高校から入学する高入生も迎えて、医学コースや国際教養コースを設置するなど、社会が求める多様な人材を育成する教育を実践しております。
 来る令和 9 年(2027 年)には、大きな節目となる創立 100 周年を迎えますが、これまで本校が歩んできた100年を基盤として、前任の種田理事長のリーダーシップのもと、次の100年に向けて、ICT教育、グローバル教育、大学との共創教育などのへ取組みもスタートさせております。
 こうした取組みの一環として、令和5年11月からは、学習支援センター(仮称)の建設や最新AI 教材の導入などを目的とした創立100周年記念事業のための募金を開始しております。
 これまでにご寄附をいただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
 今後とも、建学の精神である報恩感謝を実践する人材、社会に貢献できる人材の育成に向けて前進を続ける本校に、引き続き温かいお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

学校法人茨城
理事長 寺門 祐児

第2期募金はじまります。

 創立100周年記念募金にご賛同いただき心より御礼申し上げます。
 さて、令和6年(2024年)6月に第2期募金の案内を同窓会員に配送いたします。第2期の期間は令和6年(2024年)6月から令和7年(2025年)5月末までになります。すでに募金いただいている方もぜひ引き続きご協力を賜りますと幸いです。
 なお、第2期の後、令和7年(2025年)6月からは第3期を始める予定です。令和9年(2027年)の創立100周年に向け、目標金額3億円の達成にご支援・ご賛同のほどよろしくお願い申し上げます。

 

ご寄付のお願い
1募金の名称茨城高等学校・中学校 創立100周年記念募金
2募金の目的創立100周年記念事業の実現
1)新しい教育を創出する学習支援センター(仮称)の新築
  ―AI技術を活用したデジタル教材によるパーソナライズ・ラーニング・システムの導入等―
2)グローバル教育・探究活動・ICT教育の推進
3)教育施設の整備・拡充
4)各種周年記念事業(記念式典、シンポジウム、記念誌・会報の発刊)
※募金の趣意については「100周年記念募金について」をご覧ください。
3募金目標額3億円(上記事業の実現のために必要な金額です。)
4募金の期間令和5年(2023年)11月1日~令和10年(2028年)3月31日
※同窓会会員には募金案内を毎年配布いたします。
 令和5年:11月 令和6年~令和9年:6月頃(予定)
5募金の金額個人/1口5千円(2口以上をお願いいたします) 
法人・団体/特に定めておりません。
6申込方法1)個人の皆様
①銀行・郵便局でのお振込
同窓会会員には払込依頼書をお送りします。
※一般の方は募金申込書(個人様用)を下記からダウンロードし、
本校にご提出ください。必要書類をお送りします。
募金申込書(個人様用)

②クレジットでのお振込
下記にアクセスしてお申し込みください。
クレジットお振込みサイト
※ご利用には同窓会会員番号が必要です。
 一般の方は上記募金申込書をご提出後にご利用ください。

2)法人・団体の皆様
募金申込書(法人・団体様用)を下記からダウンロードし、
本校にご提出ください。必要書類をお送りいたします。
募金申込書(法人・団体様用)

<申し込み書の提出先>
〒310-0065 茨城県水戸市八幡町16-1
学校法人茨城 法人事務局内 募金委員会宛
Email:d.uno@ibaraki-jsh.ed.jp
7顕彰募金累計額が15万円以上の個人・50万円以上の法人・25万円以上の団体の方々には
寄附者銘板を作成し、新築の学習支援センター内にご芳名を残します。
また、寄附者全員の芳名録を作成し、学校のホームページに掲載いたします。
8記念品毎年1万円以上の寄附者には100周年記念小冊子(全5巻)を贈呈いたします。
※小冊子の内容は毎年変わります。
※累計5万円以上の寄附者には全巻贈呈いたします。
 第1巻 丈翁の生い立ち
 第2巻 丈翁と芸術界
 第3巻 丈翁と実業界
 第4巻 丈翁と政界
 第5巻 丈翁と教育界(全巻の索引付き)

第1巻表紙(高校3年・佐藤凜さん制作)
9減免措置寄附金控除が受けられます。詳細は「100周年記念募金について」3ページをご覧ください。
10その他領収書は1月中旬に発送予定です。
(ご入金の時期によっては上記日程に間に合わない可能性があります。)