進路情報卒業生の声

高入生

普通の授業スピードが魅力

通常、進学校は授業スピードがものすごく速いです。要領がとても良い人には向いていますが、実際ほとんどの人には向いていないと思います。ある進学校の友人にも速すぎて授業についていけなくなった、それでやる気がなくなってしまった、と言う人がいました。しかし、茨城高校は授業の進度が適切であったため、私は授業に遅れることがありませんでした。

K・K 早稲田大学 教育学部 英語英文学科 進学

一緒に勉強する友人が多くいたことが良かった

疑問に思ったことを先生にすぐ聞くことができ、先生は的確に分かりやすく説明してくださいました。また、先生は自分の答案の添削をしてくださいました。進路指導室には赤本がたくさん置いてあり、自分の行きたい大学の入試傾向を早く知ることができました。

H・K 北海道大学 総合理系学部 進学

勉強にとことん打ち込める環境がある

1•2年生では小テストの勉強や予習をコツコツと続けていれば自然と受験に必要な基礎力が身に付いてきます。2年生からは数学と英語が習熟度別で授業が行われるため、授業についていけないことはありません。また、大学受験の際には、生徒一人ひとりに担当の先生がついて、小論文対策や面接練習をしてくださって、学習塾に通わなくても大学に合格することが十分に可能だと思います。

S・T 弘前大学 医学部 医学科 進学

茨高の良いところは、メリハリがあるところ

私は高校2年生まで新体操をやっており、特に2年の時には練習がハードで勉強をおろそかにしてしまうことが多くありました。しかし茨高の先生方はお忙しい中放課後の時間を使い、分からないところを詳しく教えてくれて、進路相談にも真剣にのってくださりました。そのおかげもあり、自分のやってきたことを活かせる入試方法を見つけることが出来ました。

M・T 早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ科学科 進学

先生方に気軽に質問・相談ができることが茨高を選んで良かったと感じる最大の理由

茨高の授業は、丁寧で熱意が感じられ分かりやすいです。重要なところを何度も強調したり、分かりにくいところもかみ砕いて説明してくれます。ただ聞くだけの受け身型の授業とは異なり、生徒が主体的に参加できるよう工夫がなされていて、理解も深まる上に面白いです。英語・古文・漢文の単語と文法や、歴史用語の小テストを合間に実施していただいたので、知識の補完・定着ができ、入試レベルの力が付きました。

Y・H 筑波大学 社会・国際学群 社会学類 進学

噛めば噛むほど味が出てくる学校

通常授業では、先生方が教科のプロフェッショナルとして熱心に教えてくださいました。ただ教えるのではなく、先生自身が楽しまれながら授業をしてくださるので、興味を持って臨むことができました。課外授業は多くの種類があり、普段受けることができない先生の授業や自分では手を出しにくい内容を取り扱う授業等、自分に必要なものをセレクトすることができます。

R・T 千葉大学 園芸学部 緑地環境学科 進学

弘道館の流れを汲む伝統もかっこいい

茨城高校は自分をいろいろ成長させてくれたと思います。長期休みに出される課題はどれも適切で、解けないながらも苦労して解くことで解答を導きだす力が養われました。まず、1年生最初の夏休み数学課題は「場合の数」を100問解いて提出する課題で、自分は数学自体嫌いではなかったのですが、確率が苦手で夏休みいっぱいを使って100問の様々な問題を解きました。苦労した分何となくパターンが分かってきて、その後の確率の問題に少し苦手意識が薄らいだ気がしました。2

K・S 埼玉大学 教養学部 教養学科 進学

先生方の教え方のレベルが非常に高い

高校の勉強は中学校より格段に難しいものでした。特に、理系科目は10倍以上に感じました。その内容を先生方は少しでも分かりやすいように授業を工夫し、時折、冗談や雑学を交えながら楽しく教えて下さいました。受験対策も完璧で、放課後にはレベルの高い課外授業があったり、授業中に試験に出るポイントを押さえて教えて下さいました。更には共通テストの対策もしっかりと行っていただいたおかげで、初の共通テストでも不安なく受験することが出来ました。

K・N 信州大学 繊維学部 応用生物科学科 進学

親身になって相談に乗ってくれる先生がたくさんいらっしゃる茨高に感謝

授業では予習が必要な教科があり、また授業のスピードが一貫生と比べて早いので、特に数学と理科は授業の前に教科書に目を通すだけでも授業中の関心意欲や授業後の理解度がかなり変わって来ると思います。課外は1年の頃から比較的充実していて、模試の過去問や大学入試の良問に早くから触れることができるので、できる限り積極的に取ったほうが良いと思います。

A・K 新潟大学 工学部 工学科 建築学プログラム専攻 進学

しっかりとした考えを持った友達と過ごすことで成長することができた

学習面において、英単語や古文単語などの小テストがたくさんあったので、きちんとこなせば基本レベルの知識は自然と身についたと思います。小テストがある日は、授業の間の休み時間に友達同士で問題を出し合いっこしている人がたくさんいました。分からないことがあっても教え合って勉強をしている人もたくさんいます。高校生活を楽しみつつも、やるときはやる友達と一緒に過ごしたことでいい影響を受けることができました。

R・O 富山大学 医学部 看護学科 進学

様々な行事や部活動、研修など、将来役に立つ経験が山ほど行える

学習面で思ったことは4つあります。①課外がとても手厚く、自分で調節しながら、質の高い授業を必要なだけ受けることができること ②進路指導も生徒のことを本当に一番に考えてくれること ③広い自習室が完備され、放課後の学習やテスト期間の学習に便利であること ④3年間かけて、プレゼンや海外経験、弁論などの将来役に立つ経験が山ほど行えること です。

K・I  静岡大学 理学部 地球科学科 進学

先生との距離が近く、気軽に相談もできるのがとても良かった

茨高の授業は進度が速いと感じることもありますが、休み時間や放課後などの時間を使って質問するとわかるまで丁寧に教えてくれます。また、添削をお願いすると快く引き受けてくれるので記述問題の対策がしやすいです。課外授業では、自分の苦手な分野を自由に選択して受けることができます。

A・H 北里大学 獣医学部 獣医学科 進学

恵まれた環境で勉強や部活に打ち込む事ができる

1年次のカリキュラムは、文系や理系を問わず一般教養として幅広い科目を履修するため、暗記することが多くなるので自習では復習を欠かさず行っていました。大変でしたが、多様性に満ちた視野を持つことができるので自分の得意不得意が分かり、2年次での文理選択をあまり迷いなくできたと思います。授業を受けていて不安がある教科は課外授業で補えるので安心してついていくことが出来ました。

R・S 東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科 進学

部活動を通して人間的に大きくなれた

私は野球部に所属していたため、平日は約2~3時間、休日は6時間程しか勉強時間は確保できませんでした。他の生徒と勉強時間を比較したとき明らかに少ないと思います。また部活もあったため課外はあまり取ることはできませんでした。課外がとることができない分、私はわからないところは積極的に先生に聞きに行きました。

K・S 中央大学 経済学部 国際経済学科 進学

文武両道を目指すのなら茨高はベストな環境だ

茨高は先生方の指導がとても丁寧です。授業はもちろん、進路についても生徒に合わせて様々なアドバイスをしてくれます。また、課外授業も非常に充実しており、苦手をしっかり克服することができる講座がたくさんそろっています。そのため、塾などは特に行く必要はなく普段の授業や課外授業だけでも大学合格は可能だと思います。

T・A 中央大学 商学部 経営学科 進学

茨城高校の良いところは、多種多様な選択肢が用意されているところ

授業はスピードが速く、課題もほとんどないため気を抜くとすぐに置いてかれると思います。しかし、自分から先生もとへ行けば質問にとことん付き合ってくださったり、個別に課題を頂けることもありました。また、希望制で様々な教科やレベルの課外授業にも参加できます。

K・M 立教大学 社会学部 メディア社会学科 進学

一貫生

茨中・高は長期的な生徒の育成に優れている

授業は基礎の確かな理解を支えてくれました。発展的な内容は課外授業や添削指導で学べました。習熟度別の授業などそれぞれに合った最適な学習スタイルの選択肢があるのが良かったです。二次試験直前の特別編成授業では大学別の対策もあり、丁寧な指導で実力が付きました。

T・A 東京大学 文科Ⅲ類 進学

勉学に恵まれた環境を大いに活用しよう

茨中・茨高には勉学に恵まれた環境があり、自分の努力次第によっては6年間で成績を大きく伸ばすことが出来る学校だと私は思います。また、先生方は授業に熱心で、分からないところを分かるまで教えてくださるので安心して勉学に励むことが出来ます。私も実際は、医学部を目指せるほどの実力はありませんでした。しかし、このような恵まれた環境を活用して学力を上げました。希望課外を受けるかどうかは自分の判断で決めた方が良いと思います。

R・M 愛媛大学 医学部 医学科 進学

親しい友達と切磋琢磨することができた

質の高い授業が多いので、授業をしっかり聞き、予習復習をしっかりとこなしていれば、自然と難関大を合格できるレベルにまで実力をつけることができます。課外授業も豊富で、塾に通う必要はありませんでした。先生方は一人一人の生徒の質問に熱心に答えて下さり、疑問が解決するまで教えてくれます。先取り授業により、高校3年の一年間を受験対策に充てることができました。

R・O 東北大学 理学部 物理学科 進学

先生方の豊富な経験による手厚いサポートに感謝

私が中高一貫教育の授業について一番良かったと思ったことは、高3の受験生になったタイミングから数学の演習や総復習が行える点です。これは中高一貫という特性を活かした授業進度のおかげだと感じました。またそのほかには、古典や化学をはじめとして様々な授業で小テストをこまめに行ってくれるので、自分が現在の授業で特にどこが苦手なのかがよく分かったのでそこが定期テストの勉強の際などにすごく助かりました。

K・W 東北大学 歯学部 歯学科 進学

日々の授業で十分大学に合格できるので、6年間通して部活動の練習に打ち込める

茨中・高での学習は、日々の授業を大切にすれば十分ついていくことが出来ます。もしつまずいてしまっても先生に気軽に質問することができ、先生方もとても熱心に答えてくださるので挽回することが可能です。夏休みや冬休みにも課外を取って苦手なところを補うこともでき、さらに得意なところは発展的な内容まで学ぶことが出来ました。

K・Y 東北大学 工学部 電気情報物理工学科 進学

茨中だからできる貴重な体験がある

授業や課外授業はとてもレベルが高いと思います。一貫生は、英語は中学3年から、数学は高校2年から習熟度別に授業が行われるので成績の良い生徒にはさらに高度な内容の授業を、成績の振るわない生徒には基礎を固めるための授業が行われます。学期ごとにクラス編成がなされるため勉強すれば標準クラスの生徒が応用クラスに上がることができますし、逆も起こります。生徒の学力を伸ばすのにとても効率的で良いです。

R・S 名古屋大学 農学部 生物環境科学科 進学

将来は、昆虫を研究対象とした農業関連の仕事に就きたい

茨中・茨高での授業は、実験ができたり実物を見ることができたりと体験型の物も多く、様々なことに興味をそそられました。中高一貫の先取り学習のおかげで自分の進路をじっくり考えられると同時に高校3年の1年間を大学受験にそそぐことができました。課外授業では様々なレベルが用意され、授業の補填から発展的な内容まで自分の理解度に合わせた講義を受け、わからない問題があれば先生が親身になって質問に答えてくださり、日々に学習の助けになりました。

Y・I 北海道大学 総合入試理系学部 進学

良好な学習環境と先生方のサポートが充実

茨城中・高を通して、英語等の授業は個々人のレベルに応じてクラス分けされており、自分の実力に見合った授業を受けることができるため、授業内容をしっかりと吸収できたと思いました。また希望課外が多く展開されるため、さらに自分の実力に磨きをかけることができたと思いました。

T・T 筑波大学 人文・文化学群 人文学類 進学

勉強する雰囲気と環境が整っている

理科に力を入れていて、中学1年生は生物室・化学室、中学2年生は物理室で教科書に載っている実験を実際にやらせていただけるため、理科の面白さを学ぶことができます。中高一貫校であることを生かし、高2までに高校3年生の勉強が終わり、共通テストに向けての演習時間が多く確保できることがよかったと思います。特に数学などは高校3年生の一年を全て演習に使うことができ、共通テストだけでなく、2次試験の対策にもなったと思います。

R・S 筑波大学 医学群 看護学類 進学

たくさんの方々にサポートしていただきながら、文武両道を貫いた

授業は1年分先取りで進むため、高校3年生になってから他の高校に比べて余裕があります。時間がある分、単元を繰り返し学習することができ、自分の弱点が自然と分かります。そのため効率の良い勉強方法が当たり前に行う授業の中で身につくと思います。また、習熟度別でクラスが分かれている教科があるため、自分のレベルにあった授業を受け理解を深められます。

Y・K 筑波大学 体育専門学群 進学

生徒の学ぶ気持ちに真摯に答えてくれ、またその頑張りをしっかり見てくれる学校

豊富な経験を持ち、個性的な先生方が多いので、雑談1つとっても学ぶことの多い6年間でした。私は推薦入試で大学に合格しましたが、そこにも先生方の様々なお話が知識として、経験として自分の中に残り、色々と考えたことが大きいと思っています。推薦入試に関して言えば、小論文の対策から面接の対策まで、先生方の素晴らしい御指導のおかげで、学校で全て事足りました。

K・E お茶の水女子大学 生活科学部 心理学科 進学

茨中・茨高の先生方のように、子どもに親身に寄り添い、支えられる教員になりたい

生徒に親身に寄り添ってくださる先生が多く、どんなに忙しくても質問や相談に丁寧に答えてくださいます。質問に行くと、優しくわかるまでとことん付き合ってくださるので、わからないときは安心して素直にわからないと言える、苦手強化の克服もしやすい環境だと思います。

A・I 東京学芸大学 教育学部 C類 特別支援教育教員養成課程 進学

学習に集中できる空間が非常に多い

中高一貫のカリキュラムでは高校2年生までに高校の学習を終わらせるので授業の進度が少し速く感じるかもしれませんが、先生方の熱心なサポートもあり、自ずと進度についていくことができます。さらに基礎から発展内容までを網羅した課外が充実している他、広い自習室や図書館など学びたい人はいくらでも学ぶことができる学習環境が茨中・茨高では整っています。

F・K 秋田大学 理工学部 数理・電気電子情報工学科 進学

学業と行事のメリハリがしっかりできているところが素晴らしい

中高一貫のため、中学一年から大学受験に向けた授業を行います。そのため、どうしても難しい内容になったり、授業が速く感じてしまうかもしれません。その時は、先生に質問すれば丁寧に教えてもらえ、関連する知識を教えてくれます。それに、中学3年には英語を習熟度別に授業を展開してくれるので、できる人やできない人にとっても最適な授業を受けることができます。

R・U 茨城大学 人文社会科学部 法律経済学科 進学

受験期にはお互いの進路を応援し合ったりしていた

放課後や長期休業中に行われる課外はたくさん種類があるので、苦手な科目やレベルなどを考慮して選ぶことが出来ます。授業においては、中高6年間ずっと同じ先生が同じ教科を教えることよりも、毎年変わることの方が多いため、たくさんの先生と関わることになります。なので、各教科においての自分に合う先生を見つけやすいのかなと個人的には思います。

H・O 帯広畜産大学 畜産学部 畜産科学課程 進学

放課後の課外が多種多様で効果的

英語・数学といったような主要科目はレベルに合わせてクラス分けされるので、自分にちょうど良い内容を効率的に学ぶことができると思います。また放課後課外がとても多種多様なので、自分に足りないところ、上手く消化できないところの学習に効果的だと思います。それに加え、教職員の数が多いので、様々な先生の意見を聞くことができるところも魅力の一つだと思います。

R・S 東京理科大学 工学部 機械工学科 進学

普段の「授業」が何より楽しかった

学習面で思ったことは3つあります。1つ目は、課外授業の種類が豊富であることです。国・数・英以外の教科への対策も早いうちから可能なので予備校や塾等に行く必要がありませんでした。2つ目は、進路指導がすごく熱心であることです。興味のある学部を言ったところ、一覧にして下さった先生もいました。3つ目は普段の授業が何より楽しかったということです。中には雑談が半分を占めるという授業があることもあり、楽しいし、そこから教養を得ることもありました。

A・M 明治大学 法学部 法律学科 進学

常に周りの人や環境に感謝の気持ちを持つようになった

各教科それぞれの先生がみんな個性的で、とても工夫された分かりやすい授業でした。特に中学では生徒一人ひとりに手厚く指導していたおかげで、高校の先取り学習もそこまで壁を感じることなくスムーズに理解できました。正直、授業をきちんと聞いていれば塾などに通う必要もないと思いました。私は中学の時、結構しつこく質問に行っていた時期がありました。

H・S 学習院大学 経済学部 経済学科 進学

6年間先生方が学年団として私たちのことを見守ってくれる

英語などの主要な科目は、自分のレベルに応じてクラスが分けられるので授業の進度で心配することなく学習できます。また、自分の実力によって分けられているので、上のクラスに行きたいと思えば、勉強の意欲にもつながります。もし自分の苦手な教科があっても、授業だけでなく沢山の課外があり、何度も学ぶチャンスがあります。それに加えて、小テストやテストを行うことで日々のサイクルの中で知識の定着を確認することができます。

S・N 立教大学 文学部 フランス文学科 進学