新着情報

  • 2022/11/26
  • ピックアップ
  • 共通
  • 進路関連

国際医療福祉大学との連携協力を締結しました。

茨城高等学校・中学校は、国際医療福祉大学との連携協力を締結することとなりました。
令和4年11月18日(金)、国際医療福祉大学大田原キャンパスにおいて調印式に臨み、国際医療福祉大学鈴木康裕学長と本校の梶校長が「連携協力に関する覚書」に署名しました。
鈴木学長からは「国際医療福祉大学は、看護、薬学、放射線、臨床検査、そして6年前には医学部を新設した医療福祉の総合的な大学として、国際的な分野もふまえて教育、医療に携わっている。茨城高校・中学は長い伝統を持つ学校であり、連携協力関係を結べたことをうれしく思う。今後、茨城高等学校・中学校の生徒たちのために出張授業を行うなど、一緒にさまざまな企画を行っていきたい」というお話があり、本校の種田理事長は「国際医療福祉大学との協力関係の締結が、本校の生徒たちに医学や大学を身近に感じ、興味や希望を引き出すことになる」とあいさつをしました。
国際医療福祉大学との連携協力関係の締結は、医学コースはもちろん、本校の生徒たち全体に新しい学びの場を生み出していくことになります。