新着情報

  • 2024/03/18
  • 共通
  • その他

atama+(アタマプラス)スタディーホールをスタートします

 茨城高等学校・中学校では2024年度から、全国で予備学校・塾を展開している駿台とタッグを組み、茨城中学・高校の中にatama+(アタマプラス)スタディーホールを立ち上げます。
 個々に合わせて苦手克服が可能なデジタル教材atama+(アタマプラス)や、全国の指導者と瞬時にマッチングして指導を受けられる質問システムmanabo(マナボ)などをフル活用した、最先端の学びが学校内で実現します。
 目標は学校の定期試験から、模試の成績向上、すなわち大学入試まで。
 駿台の進路アドバイザーとクラスリーダー(医大生中心)による個別面談、学習アドバイス、定期的な入試情報の提供なども実施し、人によるサポートも欠かしません。
 部活動のない曜日に参加、のように校内で取り組めるからこそ学校生活との両立も可能です。

【atama+とは】
 atama+は、苦手克服を効率的に行うことを目的として開発されたデジタル学習プラットフォームです。全国数多くの塾・予備校で6年以上活用されてきたビッグデータと最新のAI(人工知能)技術を活用して、個々の生徒にパーソナライズされた学習を提供します。
 atama+はわずかな演習結果から苦手の根本原因を突き止め、分かりやすい動画と理解を深めるための豊富な問題で、効率的な苦手克服に貢献します。