• ホーム
  • 田山桂大君“社会を明るくする運動”作文コンテスト 優秀賞(茨城新聞社長賞)受賞

田山桂大君“社会を明るくする運動”作文コンテスト 優秀賞(茨城新聞社長賞)受賞

中学1年生の田山桂大君が、“社会を明るくする運動”作文コンテストで優秀賞(茨城新聞社長賞)受賞し、12月26日に茨城県総合福祉会館で行われた授賞式に出席しました。
田山君は通学のバスの中で耳にした言葉や、お母さんのスーパーでの会話の話を聞いて、言葉の大切さに気づいたといいます。受賞作「心をつなげる言葉を使おう」の中で田山君は「言葉は、自然と人に伝染します。美しい言葉が広がれば、社会が明るくなり、更に世界全体を明るくできます。そう思うと一人一人の気持ちはとても大切です。僕は、自分から美しい言葉を発信できる人になりたいです。」と述べています。
「自信はなかったので、受賞は意外で驚いた。言葉の使い方について考えながら、生活の中で実践していきたい」と受賞の感想を語ってくれました。