校歌・応援歌

旧制校歌

高く、高く
東海どよみ、朝日豊栄(とよさか)昇る。
光の御国。
誉れの郷土。
白梅薫る、常磐が岡辺。
友よ、誇れ、我名、茨城中学。

新制校歌

(1)

流れはるけき那珂川に
常磐の森の影澄みて
報恩の鐘鳴り出づる学舎に
久遠の真理もとめゆく
ああ 道ここにあり わが母校
道ここにあり わが母校

(2)

正気みなぎる常総の
山河に挙る(こぞる)友呼べば
弘道の歴史に映えて咲き薫る
万朶(だ)の桜さやぐみよ
ああ 道ゆたかなりわが母校
道 ゆたかなり わが母校

(3)

潮花散る 東(ひんがし) の
文化はほこれ筑波嶺(ね)よ
雲はるる祖国の未来希いつつ
自由の光仰ぎみる
ああ 道かがやけり わが母校
道かがやけり わが母校

応援歌

応援歌(一)

蒼穹(そうきゅう)高く征矢(そや)うちあげて
懈慢(けまん)に驕る(おごる)伝統の徒に
真澄(ますみ)の血盛る茨中の
健児は立ちぬ 頬を染め

捲土(けんど)の誓い今果たされて
覇業に勇む茨城ナイン
意気は八絃貫きて
報仇の胸 血はたぎる

征塵乱る陣頭に立ち
七生男児鉄腕なれば
長恨一打 熱球は
虚空をついて雲に入る

応援歌(二)

若き血潮に鍛えたる
今果たさんと茨高の
伝統に輝く興隆へ
苦心さんたん幾星霜
健児の意気を見よやいざ