• ホーム
  • 国立病院機構水戸医療センターとの連携協定を結びました。

国立病院機構水戸医療センターとの連携協定を結びました。

国立病院機構水戸医療センターと本校医学コースが連携協定を結び、2月13日(木)に調印式が行われました。国立病院機構と高等学校の連携協力関係は、全国的に見ても例がなく、医療と教育の新たな連携の実現と言えると思います。

地域医療に携わる人材育成を目標とする今回の協定締結により、本校医学コースでは、医師の先生方による講座や病院施設の見学、病院職員の方々と生徒との懇談など、実際の医療現場に触れる様々な体験が可能になります。本校を会場に行われた調印式では、山口高史水戸医療センター院長と種田誠本校理事長が協定書にサインし、固く握手を交わしました。

調印式に参加してくれた、来春の医学部医学科進学が決まっている高校3年生の田村琢登さん、立原理桜さん、医学部医学科で学ぶ卒業生の木名瀬晴基さんらからは「医学コースでの学びにより新しい気付きが得られた」「医療の現場に触れることにより、医師になりたいという気持ちが確固たるものとなった」などの声が聞かれました。