• ホーム
  • 茨城県高等学校陸上競技総合体育大会男子砲丸投げで優勝

茨城県高等学校陸上競技総合体育大会男子砲丸投げで優勝

 5月16日から19日まで笠松運動公園陸上競技場で行われた、第71回茨城県高等学校陸上競技総合体育大会、男子砲丸投げにおいて本校3年、橋本昇悟くん(茨城大学教育学部附属中出身)が14m52で優勝を果たしました。昨年度に続く2連覇でしたが、自己新には及ばす悔しそうでした。昨年度も山形インターハイに出場している橋本くん、6月15日から群馬県で行われる関東大会で6位以内に入賞すると、本年度は三重県で行われるインターハイに出場することができます。橋本くんはやり投げも5位に入賞し、2種目でインターハイを狙います。

 また女子100mHでは本校2年、日向野伶南さん(茨城中出身)が昨年度7位からのリベンジを果たし、6位に入賞。400mHも自己新を更新し4位に入賞し、2種目で関東大会に出場します。毎日練習を熱心に行う日向野さん、これからの活躍が楽しみです。

 男子400mHにおいても本校3年、佐藤翔悟くん(茨城中出身)が予選、準決勝と自己新を更新し、8位に入賞しました。本人初めての県大会入賞でしたが、400mの走力から考えると更なる記録の更新が期待されます。

 個人の活躍が目立った今大会ですが、男女400mリレーでも準決勝(ベスト16)に進出。男女1600mリレーでは女子が予選組2着、男子が予選組3着で惜しくも決勝進出を逃しました。目標である男女両リレーでの決勝進出にあと一歩という惜しい結果でしたが、着実に力をつけているということを感じられる大会でした。

 皆様の温かい応援ありがとうございました。